日本人学校の一日

学校生活 日本人学校の一日

学校生活 ー標準的な1日の流れー

サンチャゴ日本人学校にはチャイムがありません。
子供たちは皆、自分で時計をみて行動しています。

(紹介しているのは平成元年度までのものです。
平成2年度から一部時程が変更されます。)

 

8:00 登校

(スマイルロード)

スクールバスが学校に到着すると、子供たち一人ひとりが挨拶をしながら、先生全員とハイタッチをする「スマイルロード」を進んで、学校生活が始まります。

8:00~ さわやかタイム

(毎週水曜は全校朝会、金曜は学級朝の会)

登校して授業が始まる前の30分、子供たちが自主的に運動や読書、勉強などをする時間です。行事の前は練習時間などにもあてられます。

8:30 朝の会

(毎週水曜は全校朝会)

出欠の確認、子供たちの健康状態などをチェックし、1日の連絡事項を確認します。

8:45 1校時
9:40 2校時
10:25(30) 中休み
10:45 3校時
11:40 4校時 

12:25(30) 昼休み

日本人学校はお弁当なので、子供たちは教室だけでなく、テラスや校庭でみんな一緒にお弁当を食べる日もあります。

13:10 5校時
14:05 6校時

14:55 清掃

1日の終わりは教室中をみんなできれいにします。

15:05 学級帰りの会

各クラスで今日の振り返り、明日の確認をします。

15:20 1、2年生下校
15:15 7校時

16:10 小3〜中学部帰りの会

スクールバスに乗る前に、全員で最後の挨拶をします。

16:20 下校

(スマイルロード)

一日を終えた帰りも「さようなら、また明日!」の挨拶とともに、スマイルロードでハイタッチ!一日の始まりも締めくくりもスマイルロードです。

*( )は中学部の時程です。
*水曜日は全校一斉下校で、7校時はありません。
*金曜日は各日程が30分繰り上がります。