子どもたちの姿が戻ってきました

サンチャゴ日本人学校の朝は芝生が凍り、すっかりと冬へと季節が進みました。 バスから降りてくる子どもたちのうれしそうな表情をみて、笑みがこぼれました。少し見ない間に身長が大きくなった子、挨拶が以前と変わりなく元気な子、みんなの顔を見ることができて嬉しい一日でした。 全校生で中休みに「転がしドッジ」を行いました。初めての種目でしたが、とても盛り上がりました。保健健康委員会のみんな考えてくれてありがとう。 毛利先生のお話の中で、「オンライン授業の期間に何か頑張ったことがある人」という問いかけに自信をもって手を挙げてくれた子がたくさんいました。うれしかったです。 中学部のみんな、明日は一学期末考査です。頑張りましょう。