校長挨拶

学校概要 校長挨拶

新宅校長写真 SS

本校ホームページへのアクセスありがとうございます。本校は日本国文部科学省から認可を受けた在外教育施設であり、日本国内と同等の教育を行っているチリ共和国内では唯一の日本人学校です。スタッフは、日本国内から派遣された教員(9名)とスペイン語・英語の授業を行う現地採用教員(2名)、また事務・用務関係の仕事を行う現地採用職員(4名)で日々の教育活動を行っています。学校経営の主体は「日本文化教育財団理事会」であり、その理事は日智商工会議所に所属する日系企業の職員で構成されています。学校設立の目的は、サンチャゴ市内に在留する邦人子女のために、日本の小学校及び中学校と同等の内容の授業を行うことです。また、本校卒業生は日本の小・中学校卒業生と同資格を有します。

 

さて、本校の前身であるサンチャゴ日本語補習校が開校したのは昭和47年(1972年)11月で、10年後の昭和57年(1982年)4月に日本政府の許可を受けサンチャゴ日本人学校が開校しました。その10年後の平成4年(1992年)には、郊外の広々とした緑豊かな環境LA DEHESAに移転しました。本年度で創立40年目を迎えた歴史と伝統のある学校です。近年、学校周辺の開発が進みショッピングモール・マンション・オフィスの建設がなされ、以前のような自然に囲まれた学園というイメージではなくなってきました。それでも広い芝生の校庭を有し、児童生徒は日々伸び伸びと教育活動に取り組んでいます。

 

令和3年4月現在、コロナ禍の影響等もあり20名(小学部16名、中学部4名)という少人数の学校となっています。しかしながら、「Schoolビジョン」である「世界一児童生徒を幸せにする学校」「世界で活躍する人材を育てる学校」になるため、一人ひとりの学力を伸ばすきめ細やかな教育活動を推し進めています。

今年度の教育目標を「確かな学力と豊かな心、健康な体をもった子どもの育成」とし重点努力目標を、「1.確かな学力を育む『学び合い』を取り入れた授業づくり」「2.豊かな心を育む仲間づくりと支え合う活動づくり」「3.健康な体を創る体力づくり」「4.在外という環境を生かした国際感覚の育成」「5.保護者や理事、チリ社会との協力・連携」の5点としました。

 

とくに「確かな学力を育む」ために、「一人も見捨てない」「全員が課題を達成する」『学び合い』授業を導入すること、そのために学校全体が「学び合う集団」として1年生から中学校3年生までの児童生徒、そして教職員が深い絆で結びつく学校を目指しています。また、在外にある学校の利点を大いに生かし「国際人としての資質を育むこと」にもとくに力を入れています。英語やスペイン語によるコミュニケーション能力を高め、その力を使って実際に現地校との交流や、チリならではの自然や施設への校外学習の中で問題解決していく力を育んでいきます。(詳細:学校経営グランドデザイン

本校への入学・転入のご検討をしておられる保護者の皆様には、是非入学・転入されることを切に願っております。また、実際に本校に足を運ばれ見学したいという要望のある保護者の皆様には、メール等(contact@iejapones.ci)で見学日時等をご相談下さい。ご来校の折にはご説明およびご案内をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

令和3年4月24日
サンチャゴ日本人学校
校長  新宅 俊文
(令和3年度派遣)